地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、柏の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

柏の地域情報サイト「まいぷれ」柏市

ふるさと納税で日本を元気に!~柏市~

【花の井製菓】柏ゆうまい甘納豆詰め合わせ

ほんのり甘~い甘納豆で、のんびり、ほっこりしませんか?日本のおやつ、甘納豆をお届けします!

ほどよい甘さの甘納豆

みなさんはおやつのお供に何を召し上がってますか?ケーキ?クッキー?チョコレート?それともスナック菓子でしょうか。かくいう私もどちらかというと洋菓子の方がテーブルに上る確率が圧倒的に多いです。

今回ご紹介するのはなんと甘納豆。

「え~甘納豆ってすっごく甘いでしょう?あんまり甘いのはちょっと…」と思っている方にぜひこちらの甘納豆をおすすめします。

 

洋菓子ももちろん美味しいけれど、たまには日本のお茶のお供もいかがしょうか?

返礼品は、小さな日本のおやつ。

返礼品としてお届けするのは日本の小さなおやつ、甘納豆です。

こちらの甘納豆は柏の唯一の甘納豆製造元で作られています。

 

まったくの手作業、昔ながらの製法で作られています。

保存料などが入っていないため、素材本来の味が楽しめます。

4種類の甘納豆、食べ比べてみました!

甘納豆には緑茶がよく合います!お茶もいつもより丁寧に時間をかけて淹れましょう!

「白花豆」

見た感じだとお砂糖たっぷりで、すっごく甘そうですが、食べてみると、甘さは見た目ほど強くなく控えめです。表面に付いた砂糖の固まりがザクザクしていて食感が楽しいです。中はホックホクッ!

 

蒸したサツマイモを食べているようです。

「栗」

栗の表面のコーティングされた砂糖がカリッとした食感で美味しい。優しい栗の甘味がお口いっぱいに広がります!

白いんげんより甘さが強めなので、濃いめの緑茶に合いそうです。1粒1粒が大きい!

「そら豆」

まるで黒糖の塊を食べているかの様!

甘さはちょうど良く、ねっとりしていて濃厚です。まるでサトイモ!

コーヒーにも合いそうです。

 

個人的にはこれが一番好き。

いくつでも入っちゃう!

「艶あずき」

1粒1粒の豆が立っている様に感じました。粒あんを1粒1粒食べている様です。

抹茶に入れて、抹茶ぜんざいにしてみたら手が止まりません!

 

バニラアイスを加えてみたらもう最高です!

 

子供に出したらあっという間に完食!!そして「おかわり!!」

甘納豆の歴史、ご存知ですか?

ここで甘納豆の歴史を少々。

甘納豆は主に豆や、栗、サツマイモなどを砂糖付けにした和菓子の一種。

江戸時代末期から明治時代にかけて細田安兵衛が発案したとも言われています。

 

では「納豆」とは非なる食べ物で、なぜ「納豆」と言われてるのでしょうか?

当時の遠州地方(今の静岡県)に、煮た大豆に小麦粉をまぶして発酵させた「浜納豆」というがあったそうです。(ちなみに今も「浜納豆」は存在します。)

こちらの特徴は塩水に漬け込み干した塩辛い食品で、発酵しているのに、糸は引かない。

納豆は大豆を納豆菌で発酵させたものですが、「浜納豆」は大豆を麹菌で発酵させるので、糸は引かないんです。

 

だんだん分かってきましたね!

「甘納豆」はこの「浜納豆」になぞらえて作ったもの。

糸は引かず、塩辛い「浜納豆」に対して、甘いから「甘納豆」という名前を付けた、事のようです。

 

※この説には諸説あります。

柏市内唯一の甘納豆製造元!花の井製菓

こちらの甘納豆を作っているのは、甘納豆専門店の花の井製菓です。

創業、昭和49年。

甘納豆製造元は柏市内ではこちらのお店だけです。

製造から梱包までお店で一貫して作業しており、保存料、着色料は一切使っていません。

 

地域の学校給食にも出しているのだとか。地元の皆様に愛されている証ですね!

糖度を調整するのが難しいため、職人技の腕の見せ所なんだとか。

一粒一粒心を込めて。

湿気にも左右する乾燥工程。

出来た甘納豆は程よい甘さ!

◆お礼の品◆

10,000円以上のご寄附を頂いた方に、以下の返礼品をお送りします

柏ゆうまい甘納豆詰め合わせ

白花豆甘納豆(60g×2ケ)、そら豆甘納豆(60g×2ケ)、艶あずき(60g×2ケ)、栗甘納豆(3粒×3ケ)

 【申込期間限定】8月25日~3月15日

 


 

【提供元 花の井製菓】

千葉県柏市花野井714-7

TEL.080-6507-7456

 

【柏市ふるさと納税に関するお問い合わせ先】

柏市ふるさと寄附金事務局

TEL. 050-3786-7557

FAX. 050-3488-0889