地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、柏の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

柏の地域情報サイト「まいぷれ」柏市

ふるさと納税で日本を元気に!~柏市~

【有限会社こまいぬ】地元に愛されるビールを作りたい!

ビール愛にあふれるこまいぬブリュワリーさんの地ビール もう試してみましたか?


一日の締めくくりに飲むビール。
格別ですよね!
のどごしの良さや爽快感と共に来るビールの風味は疲れも一気に解消してくれます。
ビールのおいしさを一度知ってしまうと色々と他のビールはどのような味なんだろう?と興味が出てきませんか?
そんな時におすすめしたいのが地ビールです。
柏市ふるさと納税の返礼品としても人気。
ビールを醸造しているこまいぬブリュワリーさんと自慢の地ビールをご紹介します。

地域に愛されるビールを作りたい!という思いから誕生したビール

柏はじめIPA

手賀沼ポーター


「柏市でビールを作る」というイメージにつながりにくいかもしれませんが、利根川水系の恵みを生かした環境で、ニッカウヰスキー工場があるほど、柏市を含めた東葛エリアはお酒作りにも適した地域なんです。
柏市内にお住まいだったオーナーの丹羽さんご一家。
お父様が東大農学部出身で醸造についても学んでおり、お酒作りにも興味を持っていました。
三男の一宇(かずひろ)さんがハンガリーに留学している時にヨーロッパのビールの文化に触れていた事もあり、地域で愛される醸造所を日本でも作りたいと考えていたというのがきっかけです。
2017年12月、柏に念願のビールの醸造所を作りました。
最初は酒造の免許が下りるまでビールの醸造が出来ないという事もあり、東京都大田区の蒲田にある醸造所に修行に行き、試作品も作らせていただいたこともありました。
免許を取得してから初めて作ったのが「柏はじめIPA」と「手賀沼ポーター」でした。

毎回違う顔を見せる奥の深さもビール作りの魅力

今回、お話を伺ったのは次男の岳悠(たけひろ)さん。
ビールは麦芽と酵母菌、ホップ、水で作られます。
作る時の麦芽のローストの仕方やホップの種類、酵母菌の状態によって出来るビールの色やコクが変わるとの事でした。麦芽の焙煎具合によって色やコクが変わり、焙煎が深いほど色濃く苦みがでてきますし、ホップも種類や煮込む時間によって苦みに影響してくるそうです。
材料の調節をしながら思った味と濃さのビールを作ってくという部分では、毎回同じものにならない奥の深さが難しくもあり、やりがいのある部分ですねとお話してくださいました。

手前から、こまいぬエール、白樺ヴァイツェン、柏はじめIPA、手賀沼ポーター、将門ビール、柏太陽のエール

※白樺ヴァイツェンは瓶詰ではなくお店での提供のみになります。

こまいぬブリュワリーさんの自慢のビールは様々な顔を持っている

こまいぬブリュワリーさんで醸造しているビールはそれぞれ味や香りに違いがあり、一通り試してみたくなるほど魅力的。
ビールの味や特徴をご紹介します。

・こまいぬエール
スッキリ飲みやすいので食中酒に最適!苦みが苦手な人にもおすすめ

・柏太陽のエール
こちらも苦みが少なく飲みやすいと評判のビール!ホップのフルーティさを感じられる味

・柏はじめIPA
ホップのフルーティさの中にしっかりとした味とコクを感じるビール!人気があります!

・将門ビール
コクのあるビールを求めている人におすすめ!味付けがしっかりした料理にも負けないビールです

・手賀沼ポーター
黒ビールならではの香りの良さ。コーヒーやチョコを感じるような風味が特徴

 

他にも地元の「そのべイチゴ園」とコラボレーションしたスペシャルビールやバレンタインビールといった期間限定のコラボビールが登場する事もあるようです。
どのビールが一番人気がありますか?と伺ったところ、柏はじめIPAや将門ビールあたりが人気があると教えていただきました。
将門ビールにおいては、インターナショナルビアカップ2020にて銀賞を受賞しているほど。
過去にもJAPAN GREAT BEER AWARDTS 2019で柏はじめIPA・将門ビール・手賀沼ポーターが各賞を受賞しています。
コクや風味、苦み、飲みごたえの違いがあるので、自分に合ったビールを探してみてください。


今後の展開にも期待したくなるこまいぬブリュワリー



今後、どのような展開を考えているのか伺ったところ、「自社の畑で麦やホップを作っている。今年(2020年)は3周年なので初めて柏で作った麦とホップで醸造したビールを出したいと思っています。」というお話が。
現在は白井市と柏市の二カ所に自社の畑を持っていらっしゃいますが、「将来的にはもっとたくさん収穫できるようになり地元で採れたもので作った柏のビールを作りたい」と考えているそうです。
「柏のビールを飲みたいから柏に来る」という人を呼べるように、ビールを通して地元地域を盛り上げていく事が出来るような良質なビール造りをしたいとお話してくださいました。
地元ホップを使ったビール、どのような風味になるか今から楽しみになってきます。

こまいぬブリュワリーさんのビールを飲んでみたいなら

柏ビール(柏5丁目8ー15)では手作りの美味しいお料理と共に

クラフトビールが楽しめます!(写真はイメージです)

こまいぬブリュワリーさんのビールは、柏市のふるさと納税に寄附して返礼品として頂くのはもちろん!HPのネット販売、道の駅しょうなん、あびこん、ファームドゥ、Cafe & Bar Clusterなどでも販売しています。
ご家族4人で経営されていて、主にお母さまが切り盛りされている直営レストラン「柏麦酒(柏ビール)」でもお料理とビールを楽しむことが出来ます。


料理に合わせて色々と選べるのがこまいぬブリュワリーの柏ビール。
お気に入りのビールが見つかるかもしれませんね。
是非お試しください。


こまいぬブリュワリー公式ホームページ







【提供:有限会社こまいぬ】
千葉県柏市緑ヶ丘19-12
TEL:04-7167-5583

FAX:04-7167-5583



【柏市ふるさと納税に関するお問い合わせ先】

柏市ふるさと寄附金事務局

TEL. 050-3786-7557

FAX. 050-3488-0889

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード

人気のキーワード